スマートフード

Smart Food

Smart Foodとは

 良質な血液と血管を保持し、細胞を活性化させ、免疫力の向上により健康増進を図ることを目的に、美容と健康に不可欠な2大柱である「血糖値のコントロール」と「腸内フローラの最適化」を意識した食のスタイル。

 糖質(特に遊離糖類)を制限し、ミネラルを欠如した塩分を避け、良質なたんぱく質、食物繊維(例えばレジスタントスターチをはじめとする機能性の高い食物繊維を上手に活用し)、必須脂肪酸、発酵食を取り入れ、血糖値をコントロールし、腸内環境を良好に保ち、有害な添加物を排除することで、細胞活性化を促し、免疫力を向上させ、身体のダメージを軽減、老化促進を抑制します。

 また肥満や動脈硬化、糖尿病などのメタボリック症候群、認知症、ガンなどの疾患の発症率を低下させ、安心して食べることができる美味しく、楽しく、滋養性のある低糖質(特に低糖類)な料理であり、知識に基づいた自己選択型の食を通した賢いライフスタイルでもあります。

バランスこそ最大のポイント。

「毒も少量を使えば薬に」「薬も多く服用すれば毒に」なります。

現代は商業的な観点で、「美味しいと感じる」味覚が追求され、日本食が持つ本来のバランスが崩れてきているかもしれません。食物繊維が少なく、糖質が多く、また飽和脂肪酸の摂取率が増えているようです。しかも普段の身の回りの飲食物に含有された様々なもので、味覚が麻痺してきていることが、更なる糖質摂取につながっていると思われます。

Better思考こそが継続の鍵。

Bestだけを追い求めた食生活は、精神的、肉体的、経済的ストレスを溜め、そんな生活は持続できません。

しかし、健康的な食は、継続しなくては意味がありません。

Better思考に切り替えることで、今より良い食生活を継続することができます。


スタジオフレッシェにて、スマートフードの体験レッスンや各資格取得レッスンが受講出きます。

TOP